古き良き町家とモダンが融合した宿泊施設が誕生。

2019年05月09日

「京都壬生辻町 町家再生プロジェクト(東・西)」 完成内覧会レポート

「投資した案件の進捗はこれからも生で見たいです。今後は子どもにも見せたいですね」(40代男性)
「駅からも近くて利便性がとてもいい感じでした」(50代女性)
「思った以上にモダンな内装で驚きました!」(50代男性)
これらは完成内覧会に参加した個人投資家のコメントです。クラウドリアルティでは出資をした投資家が建物を見学したり、起案者や投資家同士で交流ができる機会を提供しています。今回は2019年3月30日に開催された当プロジェクトの完成内覧会で披露された宿泊施設について当プロジェクト起案者のインタビューを交えてお届けします。

目次

"洞窟"と"縁側" から着想した新しいコンセプト

2017年12月、クラウドリアルティで募集総額1.2億円を集めた「京都壬生辻町 町家再生プロジェクト(東・西)」※。連棟でほぼ同時期に募集を行った両プロジェクトは2019年3月、遂に竣工を迎えました。"洞窟"と"縁側" からインスピレーションを得た新しいコンセプトの宿泊施設は、古き良き町家の特徴と高級ホテルさながらのモダンな設えが融合した空間に仕上がっています。当プロジェクトの起案者であり宿泊施設の運営を行う株式会社トマルバ取締役の山田さんにお話を聞きました。
(当レポートインタビュー時の2019年3月末時点では宿泊業の許可を申請中)

「京都壬生辻町 町家再生プロジェクト(東)」は募集金額5,900万円、を満額達成し「宿ルKYOTO洞窟ノ宿」として宿泊施設の運営が始まります。「京都壬生辻町 町家 再生プロジェクト(西)」は募集金額6,100万円を満額達成し、「宿ルKYOTO縁側ノ宿」として宿泊施設の運営が始まります。

株式会社トマルバ co-founder取締役 山田真広さん株式会社トマルバ co-founder取締役 山田真広さん
トマルバ共同創業者。渋弁.comの立ち上げ後、VCとエンジェル投資家を株主に迎え入れ、ITサービスを複数立ち上げる。現在は京都で京町家・古民家再生・一棟貸しの分散型ホテルのプロデュースと運営を行い、規模を拡大中。

トマルバ×クラウドリアルティ対談記事
株式会社トマルバ
YADORU KYOTO

コンセプトについておしえてください?

「宿ルKYOTO縁側ノ宿」と「宿ルKYOTO洞窟ノ宿」はともに"和モダン"がコンセプトです。町家なのにモダンというギャップを演出したくて、デザインのコンセプトを考えていきました。

「縁側ノ宿」については、"縁側"という日本に古くから馴染みのある住居の要素にインスピレーションを得て、その縁側を室内から室外へ伸びるようにデザインして「まるでどこまでも続くような縁側」を創り出しました。

「洞窟ノ宿」については、洞窟を抜けた先に開放的な空間が広がるように演出しました。例えば玄関口の少し狭い入口を抜けた先に広々としたリビングが現れたり、リビング奥にある穴をくぐった先には開放的な浴室が姿を現したりといった演出です。四季折々に姿を変える庭を眺めながら浸かる湯船は旅の疲れを癒し、思い出の一部となるでしょう。

宿ルKYOTO洞窟ノ宿(東) 1階完成予想イメージパース宿ルKYOTO洞窟ノ宿(東) 1階完成予想イメージパース
宿ルKYOTO縁側ノ宿(西) 1階完成予想イメージパース宿ルKYOTO縁側ノ宿(西) 1階完成予想イメージパース

両方とも1階のリビングフロアについては高級ホテルのような寛げる設えにしつつ、2階の和室にいくと天井には町家の頃の梁がそのまま体感できる空間になっています。まさに創りたかったのは和とモダンのギャップを楽しめる宿泊体験です。

Before: 工事前の町家2階の天井部分の梁(西)Before: 工事前の町家2階の天井部分の梁(西)
After: 完成後の2階寝室の天井。既存の町家の梁を活かした空間After: 完成後の2階寝室の天井。既存の町家の梁を活かした空間
Before: 工事前の町家2階(西)Before: 工事前の町家2階(西)
After: 完成後の2階寝室After: 完成後の2階ベッドルーム

「普通のホテルが面白くない」というゲストを掴む

今までのトマルバの宿泊施設との違いは何でしょうか?

モダンという要素をとりいれ、"居心地のよさ"を追求しています。特にリビングフロアではソファやダイニングテーブルを配置して友人同士や家族で寛げる空間を今まで以上に意識しました。

今まで運営してきた宿泊施設の中でも、もともと京町家であった要素を残した宿もすごく好評だったんです。例えば、クラウドリアルティでの第一号案件である京町家再生プロジェクトで現在運営している「宿ルKYOTO鏡ノ宿」のようにコンセプチュアルでゲストにサプライズがあるような和の空間も口コミで良い評価をいただいています。

例えば、「古き良き京都を体験できる素敵な宿でした」、「他にはないお洒落な内装や中庭、照明がとても良かったです。」など京町家をリノベーションした一棟貸しならではのコンセプトが海外のみならず国内のゲストのみなさまにもとても喜んでいただいています。

一方で、旅行に求める体験が多様化し「普通のホテルが面白くない」っていう声をよく耳にします。いわゆるミレニアル世代といわれる20~30代などの若い世代です。旅行者には「寝るだけでいい」というニーズもあれば、「夜は遅くまでリビングで話したい」というニーズもあります。欧米ではエースホテルのような"コミュニティホテル"といった地域ならではの快適さを追求した宿泊施設のトレンドもありますよね。宿泊施設を運営する中で、ゲストの価値観がより広がってきていることを感じます。

このような客層に対して町家の一棟貸しではホテルと違った体験を提供できると考えています。インスタ映えにしてもそうです。中庭に面したお風呂など、日常ではなかなかできない体験が女性のゲストには特にうけていますね。最近では日本人の若いカップルが彼女の誕生日にサプライズで、といった使い方をしていただくこともありますね。

Before: 写真左:工事前の1階(東) 写真右:工事前の1階風呂場(西)Before: 写真左: 工事前の1階(東) 写真右: 工事前の1階風呂場(西)
After: 宿ルKYOTO洞窟ノ宿(東) 1階After: 宿ルKYOTO洞窟ノ宿(東) 1階
After: 宿ルKYOTO洞窟ノ宿(東) 1階 バスルームAfter: 宿ルKYOTO洞窟ノ宿(東) 1階 バスルーム
After: 宿ルKYOTO縁側ノ宿(西) 1階After: 宿ルKYOTO縁側ノ宿(西) 1階
After: 宿ルKYOTO縁側ノ宿(西) 1階 バスルームAfter: 宿ルKYOTO縁側ノ宿(西) 1階 バスルーム

トマルバが現在運営されている宿泊施設のゲストについておしえてください?

アジアからのゲストが半分以上、次はアメリカ、ヨーロッパなどです。中国の方は家族連れが多く、台湾の方は日本でいう"女子会"のような目的で若い世代のゲストが最近増えてきています。宿泊数は平均すると2~3泊が多くて、最長20泊されたゲストもおられます。10泊以上された方はアメリカ人、ドイツ人、イギリス人ですね。

Before: 工事前の町家外観(入口正面)Before: 工事前の町家外観(入口正面)
写真右: 東、左: 西
After: 工事完成後の宿泊施設外観After: 工事完成後の宿泊施設外観
写真右: 宿ルKYOTO洞窟ノ宿(東) 、左: 宿ルKYOTO縁側ノ宿(西)

新駅開業で観光客増が期待されるエリア

今回の物件はどんな立地ですか?

梅小路京都西駅の新駅ができて、丹波口駅との間が再開発されていくのでこれからもっと栄えるエリアだと思います※。大宮駅までも歩いていけるので、阪急電車で大阪にも行ったりできます。丹波口から少し南へ行くと江戸時代に栄えていた花街である島原があったり、梅小路京都西駅のすぐ先には京都水族館もありますし。河原町あたりまでタクシーで1000円ちょっとなので観光にはすごく便利な立地です。

※ 参考
JR西日本「京都観光の新たなサブゲート」梅小路京都西駅開業
京都市情報館「京都駅西部エリア活性化に向けた各種取組」

角屋(すみや)江戸時代に繁栄した旧花街・島原を代表する揚屋(現在の料亭)である角屋(すみや)。丹波口駅と梅小路京都西駅の間に位置する島原は日本で最初の官許の花街であった地域で、当時の建築が重要文化財として残る風情ある町並みが観光客に人気。

サービスでこだわったところはありますか?

丹波口駅の近くに京都市中央卸売市場があってその横の冷凍倉庫跡地に三三九(さざんがきゅう)というBBQスポットができました。そのお店のおばんざいが人気で、朝ごはんのチケットをゲストにご提供する予定です。これは我々が運営する他の宿泊施設でも行っているYADORU GIFTというサービスで、ゲストには地域ならではの体験をしていただいて、地域のお店の売り上げにもつながるような取り組みです。

朝ごはんビュッフェ京都市中央卸売市場の近くにあるBBQスポット三三九(さざんがきゅう)の朝ごはんビュッフェ。半屋外で市場の雰囲気と京のおばんざいが楽しめる。

今後の展開は?

海外のゲストに対してもっとPRを強めていきたいと考えています。集客についてはWEBサイトでの写真の見せ方や、価格設定について今までのノウハウが蓄積されてきましたがそこをもっと強めて稼働率を上げていきます。今後もより多くの宿泊施設を増やしていく予定なので、またクラウドリアルティで新しいプロジェクトに取り組めるといいですね。

約10名の個人投資家が参加した完成内覧会の様子約10名の個人投資家が参加した完成内覧会の様子
YADORUの水

クラウドリアルティでは、完成内覧会やオープニングイベントなど投資家が出資後にプロジェクトを体感していただける様々な機会をご提供しています。また、今回ご紹介したプロジェクトでは出資者特典として20万円以上出資された方に当宿泊施設の5,000円割引券が贈呈されています。出資した後もオーナーのような感覚で完成した施設の空間や地域の魅力を味わう。そんな愉しみ方もクラウドリアルティでお試しいただいてはいかがでしょうか。

以下の記事では、個人投資家の体験談が語られています。ぜひご覧ください。
個人投資家が語る"参加型投資"の魅力とは(前編)


PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2019 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.