お役立ち・トレンド

timer
person
山下耕太郎

クラウドリアルティが特許を取得!オークションによる条件決定機能とは?

現状のクラウドファンディングが抱える課題を解決する新機能を、代表自ら解説

クラウドリアルティは2021年より、BaaSプラットフォームとしてこれまで構築してきた金融システムや新たな金融機能のAPI公開を開始していきます。その中でも重要な役割を果たす「オークションによる条件決定機能」について、代表の鬼頭武嗣がメリットや開発の経緯をご紹介します。

(聞き手:金融ライター・山下耕太郎)

——オークション方式でユーザーは何ができるようになりますか?

オークションによる条件決定機能を利用すれば、市場メカニズムによって需要側と供給側の双方にとって最適な取引条件を決定できます。発行者にとっては割安・不利な条件での取引を防げ、投資家は取引対象を高く評価すれば、対象を取得できる可能性を上げることができるのです。

undefined

オークションによる条件決定機能では、需要側と供給側がその時々のニーズにもとづいて条件を決定できます。たとえば、一口5万円の案件でも、一口6万円で買いたいという投資家がいたとします。そうすると、起案者は5万円より6万円で買ってくれる投資家に販売したいですよね。

また、一口5万円は固定で、利率を変えるというパターンもあります。本当に欲しい案件であれば、ほかの投資家よりも低い利率を申告することで、多くの金額を出資できる可能性があるのです。

——なぜこの仕組みを開発したのですか ?

マーケット(市場)というのは、需要と供給が出合う場所です。売りたい側と買いたい側が条件をだし、それが合致したタイミングで取引されます。そうやって需給をマッチングさせる条件を決め、取引相手を見つけるというのが市場のもつ役割だと考えています。

ただ、弊社だけでなく、投資型クラウドファンディングというのは、これまでは売り手側が金額を決定して販売してきました。条件が決まっている中で買う人がいるかどうかというマーケティングの仕方なのです。

一方、資本市場(キャピタルマーケット)ではそのようなアプローチはとられておらず、実際のマーケットの需給によって、価格がつきます。具体的には、集まった需要を見ながら価格をつけていくIPO(新規公開株)のブックビルディングや、価格や利回りを入札によって決める国債の競争入札などが例として挙げられます。

undefined

ですから、クラウドリアルティが新しいオークション・システム(ブックビルディング・競争入札)として提供しているものは、ある種キャピタルマーケットが果たしている重要な役割の一つだと思っているのです。

つまり、これまで事業を通じて構築してきた新たなキャピタルマーケットの中に市場のメカニズムを組み込むというのが、オークションによる条件決定機能を開発した理由です。

——特許を取得しているとのことですが、詳細について教えてください

クラウドリアルティのPtoPのプラットフォームを公開したのが2016年の12月なのですが、それよりも前から特許を取得しようとしていました。

この特許の適用範囲は、第二項有価証券だけに限定していないので、第一項有価証券はもちろん、不動産特定共同事業契約に基づく出資持分や、その他の財産的価値に対する出資にも用いられます。また、支払手段も金銭だけでなく、すべての財産的価値を対象にしているので、キャピタルマーケットにおけるありとあらゆる価値交換の条件決定に利用できるのです。

undefined

クラウドファンディングの世界を見てみても、市場機能を使っていないという課題があるので、改善の余地はあると考えていました。この特許の機能もBaaSの一つのパートです。普通株式のIPOにも使えますし、不動産特定共同事業のような有価証券でないものを発行するプロジェクトにも使えます。多くのサービスに使ってもらえたらと考えています。

Image of 山下耕太郎

Profile

金融・投資ライター
山下耕太郎

一橋大学経済学部卒業後、証券会社でマーケットアナリスト・先物ディーラーを経て個人投資家・金融ライターに転身。投資歴20年以上。現在は現物株・先物・FX・CFDなど幅広い商品で運用を行う。


【出資申込受付中】「均一利回りオークション」という新しい仕組みでのクラウドファンディングスタート!【5/12 16:00まで】 詳細はこちらから


無料で会員登録

具体的な登録手順の確認はこちら

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2021 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.