お役立ち・トレンド

timer
person
山下耕太郎

資金調達の方法や違いを徹底比較。クラウドリアルティ代表に聞く、soilsが叶える資金調達の意義

リスクマネーを循環させるために

投資や起業の機会をより気軽に、多くの人に——。これは、クラウドリアルティが開発を進めるsoilsの大きな狙いです。soilsがローンチされることの意義を、代表・鬼頭武嗣が語ります。

(聞き手:金融ライター・山下耕太郎)

——世の中の資金調達は、まずどのように類型されるのか教えてください。

まず大きくわけると、直接金融と間接金融の二つに分類できます。直接金融の中でも有価証券には二つのタイプがあって、第一項有価証券と第二項有価証券があります。

第一項有価証券の下には、株式や債券などが含まれます。一方、第二項有価証券には、我々が現在やっているようなクラウドファンディングを用いた集団投資スキームもそうですし、信託受益権なども含まれているのです。

そして、最終的な資金需要者というのが事業(プロジェクト)なのか資産(アセット)なのか、コーポレート(企業)なのかに分かれます。

undefined

——soilsが提供する手法は何が異なるのでしょうか?メリットは何ですか?

soilsの下には、二つの仕組みがあります。一つはPtoPのプラットフォームで、引き続き不動産の証券化など第二項有価証券を扱うものです。もう一つはBaaSプラットフォームで、ここでは金融機能のモジュールを提供していくためライセンスに係る制約はあまりかけず、様々な企業と連携して第二項有価証券だけでなく第一項有価証券、場合によってはシンジケートローンなども含めて幅広く扱っていきます。

協業先の金融機関や企業の提供サービスに合わせ、市場型金融システムを組み込んでもらうのです。つまり、様々な企業が使えるホワイトラベルの金融システムといってもいいかもしれません。

undefined

——なぜsoilsでそれができるのでしょうか?

soilsのBaaSとして提供する機能はAPIで公開していきます。soilsのBaaSには、募集やオークションによる条件決定、決済などいろいろな機能があります。それらをオープンAPIとして開放することで、世の中に広くプライマリー市場に係る金融機能を提供し、より大きな資本市場を形成することができるのです。

投資することや事業を起こすことは、これまで限られた一部の人のものでした。soilsは共感に根ざした投資したい人と、事業を始める資金を調達したい人を結ぶプラットフォームです。これまで出会うことのなかった可能性と可能性を、土壌のようにつないで育んでいきます。

undefined

soilsは、今後の社会のインフラとしての機能を目指しています。soilsがあることでリスクマネーが国内外でできちんと循環するようになってほしいです。


【投資初心者必見】NISAや積立投資といった、まず知っておくべき情報配信中!
その他の記事はこちらから

Image of 山下耕太郎

Profile

金融・投資ライター
山下耕太郎

一橋大学経済学部卒業後、証券会社でマーケットアナリスト・先物ディーラーを経て個人投資家・金融ライターに転身。投資歴20年以上。現在は現物株・先物・FX・CFDなど幅広い商品で運用を行う。


無料で会員登録

具体的な登録手順の確認はこちら

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2021 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.