お役立ち・トレンド

timer
person
WealthPark研究所所長 加藤航介

投資を人生の友にしよう|連載「トウシのトビラ」【WealthPark研究所】

WealthPark研究所のプレジデント(所長)、インベストメント・エバンジェリストの加藤航介です。今回から本連載「トウシのトビラ」で、みなさんが豊かで幸せな人生を送るための教養としての投資を、“まったく新しい視点で”、“誰にでもわかりやすく”解説していきます。一人でも多くの人が、正しい「トウシのトビラ」を開き、投資を人生の友とし、将来に不安のない充実した人生を送りながら、より豊かな社会創りに参加していけることを目標とします。

最初の一歩は、「すべての資産を正しく認識すること」

私は、投資・資産運用の世界で20年以上働いています。アメリカやイギリスに計10年ほど住み、世界30ヵ国で投資の仕事をしてきました。これまで、投資についてさまざまな勉強をし、世界中の人々と語り合い、たくさんの成功と失敗を経験しながら、投資の本質を探究してきました。当連載「トウシのトビラ」では、私個人の経験を踏まえて、みなさんと一緒に投資の本質を再定義していきたいと思っています。

初めに申し上げておきたいのは、本当の「投資」とは、何かの金融商品や不動産などを買ったり、売ったりすることではない、ということです。投資のプロである私がこんなことを言うと驚かれるかもしれませんが、その真意は連載を読み進めるうちに理解していただけると思います。当連載では、「この株を買えば絶対に儲かる!」とか「今は絶好の不動産の買い時だ!」といった、特定の投資資産や短期で儲けるためのテクニックの紹介は出てきません。つまり、“手っ取り早いお金儲けの方法”を期待されている方には不向きなことを、最初にお伝えしておきます(私は一攫千金を狙う投資は行いません。それは真の投資とはかけ離れたものだからです)。

では、私たちが学ぶべき投資とは、どんなものでしょうか。それは、自分が持つ資産を新たに再定義(正しく認識)し、保有する資産の成長を意識しながら、それらのバランスを整えていく行動の中にあります。実は、みなさんがお持ちの真の資産とは、金融機関の口座などで数字として見えているものだけではありません。例えば、みなさんが将来稼ぐ給料(健康や働く意欲に関連します)、年金など社会保障の受給権、社会的な信用などが、新たに再定義すべき隠れた資産です。さらに、持ち家などの不動産、副業や自営業における事業の権利、相続が見込める資産なども、強く意識すべき資産です。そして、これらのすべての資産(真の資産)をトータルに考えて、自分の人生が置かれた立場や時代に合わせてバランスよく整えていくことが、多くの方が行うべき投資となります。このプロセスが、みなさんの「トウシのトビラ」を開くことになると、私は考えています。

・数字で見えている「資産」……現金、株、投資信託など
・数字で見えていない隠れた「資産」……将来稼ぎ得る給料、社会保障の受給権、社会的信用、不動産、事業の権利、相続が見込める資産など

投資への理解と行動が人生と社会の豊かさを決める

私がなぜ、すべての人が投資について学ぶべきだと考えているか。それは長い人生において、「投資」を正しく扱えるか否かが、その人の豊かさや幸せに極めて大きな影響を与えるからです。投資とは、個人の時間やお金の使い方まで、言うなれば人生すべての活動です。さまざまな自由が担保されている私たちの社会において、個人の多様な投資の選択によって、その結果(投資により生まれる豊かさや幸せ)が大きく変わってくるのは当然のことです。

端的に言うと、投資を正しく理解し扱えるようになれば、みなさんの人生は、より豊かで幸せになるということです。これはみなさんのお勤めの企業、住まれている国に置き換えても同じです。投資が下手な企業や投資に無頓着な国民の国が、成長を続けて豊かさを得ることは、まずありません。時代錯誤の投資に気づくことも大切になります。一人ひとりの投資への理解度と行動力が、個人と社会の豊かさを決定すると言っても過言ではないのです。

また、社会全体を見たとき、投資によって創りだされた社会の豊かさが、幅広い人に行き渡る「分配」(税金や社会保障の仕組みなど)について知っておくことも重要です。これは「機会の平等と結果の平等」という、古代ギリシャから存在する論点につながります。豊かな社会を創るためには「機会は平等であるが結果は必ずしも平等でないこと」、ただし「結果の不平等が広がり過ぎないこと」(適度な分配の仕組みがあること)も大切です。当連載では、この平等と不平等の本質についても、理解を深めていきたいと思います。

投資という武器を自分の人生に“実装”しよう

私たち個人が投資を人生の友とするための条件は、突き詰めれば、以下の3点に集約されます。

・ 優良な資産
・ 長期的な行動
・ 真の資産のバランス

大切なのは、「資産の質」「長期的視点」「真の資産のバランス」です。逆に言えば、この3つの視点を忘れ、目の前に見えるお金を増やそうと、ギャンブルまがいの投機に参加しないことも大切です。私の経験では、かなり多くの方が投資とギャンブルを混同しており(かつては、私もそうでした)、それによって投資がもたらす人生の豊かさと幸せという恩恵を遠ざけているように感じます。そして、みなさんが正しい投資を人生に実装していくためには、以下の2つの理解も大切です。

・ 投資と社会の豊かさのつながり
・ グローバル社会と自身の立ち位置

これらの理解がないままに金融商品や不動産投資などの勉強を始めると、投資はただの金儲けにしか見えず、大変に怪しいものに感じられるでしょう。そして、真っ当な人ほど投資へのスタートすら切れません。仮に何らかの投資を始めたとしても「本当にこれでよいのだろうか?」という不安がつきまとい、長期的な投資に向き合うことができません。でも、心配はいりません。この連載によって投資の本質を一つずつ噛み砕いていくことで、みなさんの「トウシのトビラ」は少しずつ開いていきます。

元来、お金の話はセンシティブで、肉親や家族などの近い人からでも、その本質を学ぶことがなかなか難しいものです。一方で、みなさんが投資の本質に気づき、投資を人生の友とできれば、みなさんの人生だけでなく、社会全体までもが豊かで幸せなものになります。投資と社会のつながりに腹落ちしたとき、投資はみなさんの人生の強力な武器となって実装されていくでしょう。将来への不安はなくなり、今、この時をより楽しめるようになります。時折、不況が訪れたり、金融市場が暴落したようなニュースを見ても、何ら動揺しなくなります。そして、みなさんの人生と社会全体が、より豊かで幸せなものへと変わっていきます。

投資の本質を理解し、人生に実装するプロセスは、エキサイティングで知的好奇心にあふれ、とても楽しいものです。それでは、WealthPark研究所と一緒に、新しい「トウシのトビラ」を開き、明るい未来を開いていきましょう。

Image of 加藤 航介

Profile

WealthPark 研究所 プレジデント(所長)/インベストメント・エバンジェリスト
加藤 航介

日系・外資系の大手投資会社において、ファンドマネージャー、投資啓発などの要職を歴任。英国・米国に約10年滞在し、世界30ヵ国での投資実務を経験。「実体験が大切、自分とアドバイスの聞き手は同じ船に乗る」との考えから、個人資産の運用においても国内外の金融資産、不動産(一棟・区分・海外)、多様なオルタナティブ資産への豊富な実経験を持つ。米国コロンビア大学MBA(経営学修士)修了。米国公認会計士、ファイナンシャル・プランナー、証券アナリスト試験に合格。英国ケンブリッジ大学 Executive Program(GMCA) 2020–2021在籍中。一般社団法人 投資信託協会「すべての人に世界の成長を届ける研究会」客員研究員。


PAGE TOP

WealthPark Investment
WealthPark Investmentは、株式会社クラウドリアルティが運営しております。
株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2022 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.