エコファンド

エコファンド

意味

エコファンドとは、従来の投資基準である収益性や成長性といった財務面だけではなく、環境問題に取り組みをしている企業の株式を選定し投資をする投資信託の総称です。

企業への社会的責任であるCSR(Corporate Social Responsibility)への一般の関心が高まる中で、SRI(Socially Responsible Investment)と呼ばれる「社会的責任投資」に含まれます。

エコファンドへ投資をすることで、環境に配慮している企業を応援できるという側面もありますが、もちろん株価の変動により損失が出る場合もあり、リスクがあります。

エコファンドに組み入れられている企業は、日本ではキャッシュフローが健全な大企業が多く、収益性が期待されます。

欧米では一般的な考え方ですが、日本ではじめてエコファンドが設定されたのは1999年でした。残高が一時2,000億円を突破し、個人投資家の注目を集めましたが、基準価格の下落と共に純資産は減少傾向です。

最近では、「環境(Environment)・社会(Social)・ガバナンス(Governance)」の観点から、社会を持続可能にしていくかを考え、行動していくという取り組みをしている企業へ投資する「ESG投資」という考え方が広まり、「エコファンド」として取り上げられることは少なくなりました。

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2020 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.