複利

フクリ

意味

複利は利息の計算方法のひとつで、簡単に言うと「元本についた利子に対して更に利子がつくこと」を指します。

わかりやすく例を挙げると、100万円を金利5%(年利)で預けた場合、1年後には105万円になります。この場合の5万円は、元本(100万円)に対してついた利子です。

この利子の5万円も含めてさらに1年預けると、110万円ではなく110万2,500円になります。このように元本についた利子に対してさらに利子がつくことを「複利」といいます。

複利には上記の説明に利用した1年複利だけでなく、半年複利(半年ごとに利息計算をし、得られた利息を元本に組み込む)や、1ヶ月複利などがあります。

なお複利に対し、当初の元本だけに利子がつくものを「単利」と呼びます。

長期的に資産を運用する場合など長い目で見たときに複利の効果は非常に大きく、上記の例でいえば預けた100万円は10年で約163万円になり、単利の場合に比べて約13万円も増額します。

このように複利は元本に対してついた利子がさらなる利子を生むことから、最終的な利子総額が単利に比べて大きくなります。これを「複利効果」といいます。

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2020 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.