バックファイナンス

バックファイナンス / Back Finance

意味

バックファイナンスとは資金調達手段のひとつで、不動産担保ローンに付随してよく使われる言葉です。

具体的には自己資金で不動産を購入したのち、購入した不動産を担保に融資を受ける方法のことをいいます。

バックファイナンスを利用すると、購入した不動産を担保にお金を借りられることから「手元にキャッシュを残しておける」「不動産購入後に急に資金が必要となった場合に資金調達が可能になる」といったメリットがあります。

一般的なローンではそもそも不動産を買うため資金が不足しており、それを補うためにお金を借りるといった流れがほとんどです。そのため、収入や返済能力が借入額に見合わないと判断された場合、融資を受けることが難しくなってしまいます。

一方、バックファイナンスでは自己資金を投入した後で融資を受けることから、通常のローン調達を逆手に取った手法だといえるでしょう。

とはいえバックファイナンスを扱う金融機関は限られており、銀行相手にバックファイナンスを打診してもそう上手くいきません。

なぜなら、銀行はお金を必要としている人に融資することを前提としており、自己資金でいったん不動産を購入できる余力がある人に対して資金を融資する人はないと考えるからです。

そのため、バックファイナンスを利用する場合は、銀行などの金融機関ではなく不動産担保ローンを扱う会社を利用するケースが多くなります。

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2021 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.