ボラティリティ

ボラティリティ / volatility

意味

ボラティリティとは価格の変動率のことで、商品のリスクの大きさの目安として使用されます。

価格の値動きが大きいことをボラティリティが高いと言い、価格の変動が小さいことをボラティリティが低いと言います。

ボラティリティには種類が2つあり、ヒストリカル・ボラティリティ(HV)とインプライド・ボラティリティ(IV)があります。HVは過去の価格変動率をもとにして計算される指標であり、IVはオプション価格から逆算して算出された指標で、市場参加者の予測や期待が反映された将来の変動率です。

投資の世界では、このボラティリティをうまく活用することで大きな利益が生まれます。特に短期トレーダーはボラティリティの高い株で売買を繰り返すことで、大きな利ざやを狙っています。例えば企業が新商品を発表したときや、企業間のM&Aが成立したときなど、何か大きなトピックによって市場も敏感に反応します。その時々の潮目にボラティリティが大きくなるのです。相場を予測するのは非常に難しいですが、ボラティリティが高くなる相場はある程度予想することができます。

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2020 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.