キャピタルゲイン

キャピタルゲイン / Capital gain

意味

キャピタルゲインとは、株式や債券など、保有している資産を売却することによって得られる売買差益のことです。資産の価値が変動することによって得られる利益とも言えます。

たとえば、株価30万円で購入した株式を35万円で売却した場合、差額5万円(手数料・税金を除く)がキャピタルゲインになります。より正確には「売却益-購入費-手数料-税金=キャピタルゲイン」です。

税金については、所得税、住民税、復興特別所得税が課税されますが、NISA(少額投資非課税制度)を利用することで一定期間、指定の投資金額の範囲内で非課税となります。NISAを利用すれば、年間120万円までの投資金額が、最長5年間非課税です。

キャピタルゲインは、株や債券だけでなく、FX、M&A、不動産、金、プラチナなどの貴金属、絵画やゴルフ会員権、農作物(小麦や大豆など)、エネルギー(原油など)を売買することでも得られる可能性があります。

逆に資産売却により、損失となった場合はキャピタルロスと呼びます。

資産を保有していることによって得られる利子・配当等のインカムゲインと対比され、インカムゲインに比べると、リスクを伴う反面利益が大きくなる傾向があります。



【関連記事】投資歴20年以上の金融ライターが語る、不動産投資が「ミドルリスク・ミドルリターン」な理由

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2020 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.