区分所有法

クブンショユウホウ / Act on Building Unit Ownership, etc.

意味

区分所有法とは、分譲マンションなどの一棟の建物を構造上区分して数個の部分で独立した所有権の対象とする建物について、所有者相互の権利関係や管理体制に関することを定めている法律です。正式名称は「建物の区分所有等に関する法律」といいます。法律と聞くと難しい印象があり敬遠しがちですが、マンションを所有するときにとても重要で、暮らしに密着した身近な法律であるため、「マンション法」と呼ばれることもあります。

マンションで生活する場合、戸建住宅とは違う点が多くあり、複数の住人が各区分(各戸)を所有するため、維持管理に関する利害関係が複雑です。このような利害関係を調整するために、エレベーターや共用通路等、マンションの居住者全員で共用するものなどの共有部分の権利や管理体制に関することなどを定めています。

マンションを所有すると管理組合に参加したり、ときには管理組合から理事長になることを求められます。そこでは、マンションで気持ちよく暮らすために、所有者が集まり一定の規約を作成し、規約に反する行為がいれば、その行為をやめてもらうために一定の措置を行う必要があります。また、日常の管理に関することや、老朽化したマンションの修繕についても、区分所有法に則って行われます。

この区分所有法は分譲マンションにのみ適用されるもので、賃貸マンションには適用されません。分譲賃貸の居住者については、管理規約を守る必要はありますが、管理組合には所有者が出席するため、参加することはありません。

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2020 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.