内部留保

ナイブリュウホ / Retained earnings

意味

通常、株式会社は株主が資金を出資して設立され、儲けたお金は配当金というかたちで株主に還元します。しかし、その際に配当することなく手元に置いておくお金のことを「内部留保」といい、社内留保とも呼ばれます。

会社の総資産に対する内部留保の割合は、財務の健全性・安全性を示す重要な指標としても用いられます。内部留保の割合が高ければ、一時的に経営が悪化したとしてもすぐに会社としての存続が危ぶまれるような事態にはならないでしょう。

また、その一方で内部留保の割合が低いとわずかな損失が会社の存続危機に直結する恐れが高まります。

M&Aが生じる場面においては、内部留保の割合が高ければ株式が高値で売れることに繋がり、事業再生の局面でも内部留保のマイナス比率が少なければ会社の評価がそこまで落ちることはありません。

このように、内部留保は会社を経営していく上で見過ごすことのできない数値であるといえます。

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2021 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.