オーナーチェンジ

オーナーチェンジ

意味

オーナーチェンジとは、賃貸中の居住者はそのまま住み続けることを条件に、不動産の所有権を移転させることです。賃貸物件の諸条件はそのままで、オーナーだけが変わるかたちになるためこう呼ばれます。

オーナーチェンジをすることを居住者に伝える義務はありませんが、実務上必要になる場合は、管理会社から事後通知を出すことがあります。

新オーナーは賃料などを受け取る権利だけでなく、管理ルールや貸借人退去時の敷金返還義務などの義務も引き継ぐことになります。賃貸借契約書に記載される権利や義務の対象が、新オーナーとなるわけです。

オーナーチェンジには、分譲マンション1室の場合、賃貸マンションやアパート1棟全室の場合、一戸建て住宅の場合、店舗や事務所の場合などがあります。このとき、賃貸マンションやアパートに複数部屋がある場合、そのうち1室でも入居者がいればオーナーチェンジとなります。逆に1室も賃借人がいない空室の状態であれば、賃貸物件のオーナーが代わっても、オーナーチェンジとはいいません。

新オーナーは、不動産の所有権を移転した直後から、借主を募集することなく家賃収入を得られることがメリットですが、入居中の不動産のため事前に物件の中を確認できないので、購入時にはその点に注意が必要です。

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2020 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.