利回り

リマワリ / yield

意味

利回り(年利回り) は、投資金額に対する、インカムゲインやキャピタルゲインも含めた収益の割合のことです。割合が高いほど、その投資に対しての投資効率が良いといえます。

たとえば、100万円を投資して、20万円の利益があった場合、その投資の利回りは20%になります。

profits1
で計算することが出来ます。

前述の利回り20%の例は、以下のような計算式になります。
profits2

計算された利回りは、利益の額ではなく、利益の割合で表示されるので、投資規模の異なる投資先であっても、どちらが効率的な投資先なのかひと目で判断できるようになります。

また、投資方法(金融商品)によっても利回りの呼び方が異なります。

株式投資であれば配当利回り、国債は国債利回り、不動産は実質利回りと表面利回りがあります。

不動産に的を絞って説明すると、「実質利回り」は、家賃収入から必要経費を差し引いた実際の手取り収入額をもとに計算した利回りです。

「表面利回り」は、不動産を運営する上で必要となる経費を考慮せず、家賃収入額だけをもとに計算した利回りです。

不動産投資の投資効率を判断する際には、実質利回りを用います。



【関連記事】表面?実質?不動産投資の「利回り」計算方法を解説

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2021 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.