J-REIT

ジェイリート

意味

REITは「Real Estate Investment Trust」の略で、大勢の投資家から集めた資金で複数の不動産を取得し、そこから生じる賃料収入や売却益などから費用を差し引いた残りを投資家に分配する不動産版の投資信託です。

1960年代にアメリカで生まれた仕組みで、1990年代に急速に拡大しました。日本でも、2000年11月に施行された「投資信託及び投資法人に関する法律(投信法)」により、不動産等も運用対象になったことで組成が可能になりました。2001年9月、2銘柄が東京証券取引所(東証)に上場しスタートしました。

日本のREITはアメリカのREITと異なる点もあるため、頭にJAPANの「J」をつけて「J-REIT」と呼ばれています。

実物不動産の場合、数千万円~数億円の資金が必要になりますが、J-REITでは多くの投資家から資金を集めるため、1人あたり10万円程度の少額から不動産投資が可能です。

また、J-REITは投資信託ですが東京証券取引所に上場されており、株式と同じようにいつでも取引できます。

J-REITは投資法人によって運営され、収益の90%超を分配金としてだすことで法人税が免除されるというメリットがあります。そのため、株式などと比べて高い利回りが期待できるのが魅力です。


【関連記事】日本版不動産投資信託「J-REIT(ジェイ・リート)」とは?メリット・デメリットを解説

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2021 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.