自己資本比率

ジコシホンヒリツ / Capital ratio

意味

自己資本比率とは「会社のすべての資金(総資本)のうち、自己資本がどの程度の割合を占めているかを表した指標のこと」です。

また、自己資本とは返済する必要のない資金の調達源泉のことで、主に株主が出資した資本と毎期に積み上げた利益から成り立っています。

自己資本比率が高ければ、それだけ事業の元手のうち会社が自由に使えるお金が多いということになります。

自己資本比率は、次の計算式によって求められます。

自己資本比率=純資産÷総資本(=負債+純資産)×100

上記の計算式によって導き出した自己資本比率が、最低でも15%を維持できるようにするのが理想です。

また、自己資本比率は業種によっても適正値が左右されますので、同業他社とも比較したうえで判断するようにしましょう。

自己資本比率を高めるためには、内部留保の拡大を目指すことが第一の近道です。また、それ以外にも運転資金を節約したり、不良資産や遊休資産の整理したりすることも有効でしょう。

とはいえ、高ければ高いほど安全だというものではなく、あまりに高すぎると利益の蓄積ばかりが優先され、投資に対して消極的な姿勢であると判断されかねません。企業の収益性に加え、成長性になんらかの問題があるとみなされてしまいます。

会社の経営分析を行う際は、中長期的な安定性を判断する自己資本比率に加え、流動比率や当座比率などから短期的な安定性についてもあわせて確認していくようにしましょう。

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2021 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.