単元株

タンゲンカブ / Unit stock

意味

単元株とは、各発行会社が定めた株式の売買単位のことを指し、定められた一定の株数を1単元といいます。

以前は、単位株制度によって株式の売買単位を原則として額面5万円と定めていましたが、1銘柄当たりの最低取引金額が高額になり、株式取引の停滞につながってしまうため、商法の改正により一定の株数を1単元とする単元株制度が2001年に導入されました。

発行会社は定款を変更することによって、1単元の株数を100株を上限として自由に定めることができますが、1株、100株、1,000株が一般的です。単元株制度のもとでは株式はすべて、株券に価格の記載のない「無額面」で、株主総会での議決権は最低1単元株からとなっています。

通常の株式取引では、この1単元の株数の整数倍で取引が行われます。たとえば、1単元が100株である場合、200株、300株というまとまった単位で購入しなければならず、120株などといった整数倍以外での株数は購入することができません。

なお現在では、1単元の株数が大きく資金が足りない人が、1単元に満たない株数を取引することができるミニ株(単元未満取引)が可能です。この場合、単位株を持つ場合と株主の権利が違ってきます。

近年証券取引所では、取引の利便性向上の観点からすべての上場株式の売買単位を100株に統一させるための動きが活発化しています。

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2020 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.