登記簿謄本(不動産登記)

トウキボトウホン

意味

登記簿謄本は法務局に登録されている土地や建物の情報の証明書のことで、一般的には登記事項証明書のことを指します。登記簿謄本と登記事項証明書の違いは、コンピュータ内のデータを印刷した「登記事項証明書」か、登記簿そのものを複写した「登記簿謄本」かの違いなので、内容に相違はありません。

登記事項証明書は土地・建物に関する権利関係などが表題部・権利部に分かれ記載されています。さらに指定すれば、共同担保目録が記載されます。

表題部には不動産を特定するために、所在や面積、構造などが記載されます。なお、土地と建物で表題部に記載される項目は異なります。

権利部には、その不動産の現在の所有者や過去の所有者、そしてその不動産に対して誰がどんな権利を持っているのかが記載されています。

また、証明書申請手続きの際に、共同担保目録付と指定することができます。
共同担保目録には、共同担保関係にある不動産の表示、抵当権者、抵当権設定者などが記載されています。

登記事項証明書は登記所窓口(法務局や、法務局の支局、出張所)、郵送、インターネットで取得することが出来ます。どこの法務局でも、他の市町村・他の都道府県の登記事項証明書が取得可能です。

取得には手数料がかかりますが、必要な書類等は特になく、他人が所有している物件でも取得することができます。

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2021 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.