投資信託

トウシシンタク / Investment trust

意味

投資信託とは、投資家から集めた資金を1つにまとめ、運用の専門家(ファンドマネージャー)に株式や債券など複数の商品で運用してもらい、投資家の投資額に応じてその運用成果が分配される金融商品のことです。集めた資金の運用は、投資信託ごとの運用方針に基づき専門家が行います。

個別の株式や債券に投資する場合、ある程度まとまった資金が必要になりますが、投資信託の場合、少額から始めることができます。ネット証券を中心に100円から始められる商品も増えています。

少額で始められる点以外にもメリットとして、投資信託は複数の銘柄や異なる資産に分散投資していること、運用のプロに任せられることでリスクを下げることができます。

さらに、新興国など個人では投資しにくい国や地域にも気軽に投資できます。

しかし、投資信託は元本が保証されている金融商品ではありません。価格変動や為替変動、金利変動などのリスクがあります。専門家が運用するといっても必ず儲かるわけではありません。


【関連記事】投資信託(ファンド)とは?仕組みとメリット・デメリットを元証券マンが詳しく解説

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2020 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.