有形固定資産

ユウケイコテイシサン / Property, plant and equipment

意味

有形固定資産とは「形があり、目に見える資産」のことを指します。

1年以内に現金化されるものはワン・イヤー・ルールに基づき流動資産となることから、有形固定資産とはなりません。

有形固定資産にはマンションやビルなどの建物をはじめ、それらに付随する塀なども対象となります。

ただし、不動産業の場合はそれらを売買することを業としているため、販売用の棚卸資産とみなされ有形固定資産とはならず、流動資産として計上しなければなりません。

事業などの業務のために用いられる建物や建物付属設備、機械装置といったものは一般的に、時の経過に応じてその価値が減少していきます。こうした資産を「減価償却資産」といい、減価償却の対象となります。ただし、土地など時の経過でも価値が減少しないものは減価償却資産に該当しません。

そのため、有形固定資産の費用は減価償却され、耐用年数に合わせて分割計上が必要です。

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2021 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.