KIW 宮崎プロジェクト(愛称)

  • * 写真(1枚目)はサービスのイメージです。
  • * 写真(2枚目)は内観完成予想パースです。
  • * 写真(3~6枚目)は、サービス開始後KIW会員が使い放題になる既存のワークプレイスです。
  • * 写真(7枚目)は本プロジェクト対象物件の外観です。
こちらのプロジェクトは1月17日(金)10時募集開始予定です。

プロジェクト概要

本プロジェクトは、九州全域で直営・提携のワークプレイス事業を展開し、「はたらくをオフィスから解放する」を目指す九州アイランドワーク株式会社(KIW)が、宮崎市内に直営のコワーキングオフィスをオープンするための内装工事等の資金調達を目的としています。

この直営施設を皮切りに、九州全域に数百ヶ所の「自由に、いつでも自分のスタイルで働ける」ワークプレイスのネットワークを創出。 新しい視点・クリエイティブスキルを持った人々が集う九州を作り、人手不足や遊休資産の活用といった地域課題の解決を目指します。

本プロジェクトでは、運用期間中のKIWからの賃料収入を基に期中分配を行いつつ、プロジェクト終了時には内装部分の売却対価によって、出資金の払戻しを行います。

【参考記事】ターゲットは親子連れからアジアのビジネスマンまで。「分散型ワークプレイス」という挑戦

KIWのサービス概要、物件や周辺エリア、既存のコワーキングオフィスの様子が映像でご覧いただけます。

右肩上がりのコワーキングオフィス市場

オフィス用不動産の売買等を行うCBREに調査によると、東京都内におけるコワーキングオフィスの開設面積と開設数は346拠点、6.6万坪に上っています(2018年9月時点)。また、東京23区に限定すると、賃貸オフィス制約面積のうちコワーキングオフィスの占める割合は7.9%(2018年1~6月時点)で、CBREは「存在感を増してきています」と指摘。

コワーキングオフィスとは、それぞれの企業ごとにオフィスを構えるのではなく、事務スペース・会議室・打ち合わせスペースなどをシェアしながら、異なる企業に属する人々などが各自の仕事を行う場のことです。個々が独立して働きつつ、利用者同士の交流を重視するのがこれまでのオフィス環境との大きな違いです。

労働力不足が深刻化する現代において、生産性を高めるための手段として大手企業もリモートワークの導入を進めています。そのため2010年以降、コワーキングオフィスの需要は増加傾向にあり、働く場所の多様化が進む中で今後も市場は拡大していくと考えられています。

九州でも今後予測される需要拡大に対応するため、KIWは直営や既存施設との提携によって九州全域でワークプレイスを整備します。

“シェア”で既存コワーキングオフィスの課題を解決

今後の進展が見込まれるコワーキングオフィス市場ですが、利用が拡大する中で課題も見えてきました。

既存コワーキングオフィスのデメリット

こうした課題は、コワーキングオフィスを「1ヶ所だけ」利用しているために解決が難しくなっています。

そこでKIWでは、九州全域で直営施設の整備と他コワーキングオフィスとの提携を進め、月額1万5,000円(税別)でどこでも使い放題のサービスを提供。より働きやすいワークプレイスのネットワークを構築します。

九州中のワークプレイス

既存のコワーキングオフィスとの提携を中心として、5年後までに九州内で335ヶ所のワークプレイスを展開。有料会員登録者数2,000名以上を目標としています。

ワークプレイスについて

NEXCO西日本・宮崎大学地域資源創成学部とも連携

KIWが手がけるワークプレイスは、駅から徒歩圏内のビジネス街にある空きビルや、地域に眠る空き家・廃校などの遊休施設をリノベーションして利用するほか、 西日本高速道路㈱(NEXCO西日本)・宮崎大学地域資源創成学部と連携した社会実験事業としてサービスエリアにトレーラーハウスを利用した無人ワークプレイスの設置など、 地域資源の活用によって新たなコミュニティを創造します。

インベストメント・ハイライト

  1. 1. 運用収益のダウンサイドリスク及び運用期間終了時の流動性リスクの低減

    本プロジェクトでは、運用期間中の起案者からの賃料収入を基に期中分配を行う予定であり、固定賃料により安定した想定利回りを目指します。またプロジェクト終了時には内装部分を第三者または株式会社一平ホールディングスもしくは九州アイランドワーク株式会社に売却することを予定しており、その売却対価によって出資金の払戻しを行います。

  2. 2. 経済産業省より認定され、地元宮崎を牽引する企業のグループ会社

    九州アイランドワーク株式会社(KIW)の親会社、株式会社一平ホールディングスは、1966年宮崎市で創業の寿し処「一平寿し」に端を発し、宮崎県を中心として多数の飲食業を行っています。 九州産の食材を使った「九州パンケーキ」ブランドのパンケーキミックスは全国3,000店舗を超える小売店で販売されている他、海外(台北およびシンガポール)にカフェ4店舗を展開するなど、実績と経験のある地場企業です。 傘下の有限会社一平は2016年には宮崎県より成長期待企業、2017年には経済産業省より地域未来牽引企業に認定されています。 KIWはこの一平グループの傘下で、ワークプレイスの開発・運営などコミュニティ構築を担う新規事業を展開しています。

  3. 3. 大規模再開発が進むJR宮崎駅から徒歩圏内

    宮崎空港までは、空路で東京(羽田)から約2時間、大阪(伊丹)から約1時間10分。 宮崎空港からJR宮崎駅は電車で約12分、バスで約35分と東京や大阪からもアクセスがよく、本物件はこのJR宮崎駅から徒歩約9分に位置しています。 また、宮崎空港の乗降客数は2018年には約331万人と前年比5.3%増で右肩上がりに伸びており、主要ホテルの宿泊客数も2018年は約125万人の前年比5.3%増と、今後の需要の伸びにも期待が高まっています*1。 JR宮崎駅西口では現在、大規模再開発が進行中*2。 2020年秋には、JR九州と宮崎県を中心に路線バスや観光事業などを行う宮崎交通が共同で複合施設をオープン。 複合施設は、JR九州系列の商業施設「アミュプラザ宮崎」とオフィスフロアで構成され、にぎわい創出が期待されています。 本物件は官公庁・オフィス街・繁華街からほど近く、目の前には緑豊かな公園が広がり、ワークプレイスとして利便性の高いエリアに位置します。

出資者特典

出資金額に応じて以下の優待特典をご提供しています。 各特典ともに①もしくは②のどちらかご希望をお選びいただけます。 優待特典の対象者様には募集達成後に①もしくは②のご希望と詳細について別途お知らせいたします。

特典(1)出資金額が300万円以上である場合

① ANAホールディングス株式会社が協賛、九州でのワーケーションお試し体験プラン*1
宮崎行き航空券+ホテル宿泊ができる10万円相当の旅行券を交付いたします。さらにKIW直営ワークプレイスでのドロップイン2日利用券付。

ANAホリデイ・インリゾート宮崎(ご利用できるホテルの一例)

② KIW直営ワークプレイス1年ご利用券*2
KIW直営のワークプレイスで1年間ご利用できるフリーパス券1名様分を交付いたします。

特典(2)出資金額が50万円以上である場合

① 九州パンケーキ&セブングレインパスタオリジナルギフトセットを贈呈(約1万円相当)

九州パンケーキ・九州アイランドワークブランドギフトセット

② KIW直営のワークプレイスご利用券(30日分)*2
KIW直営のワークプレイスで30日分ご利用できるドロップイン券を交付いたします。

  • *1 宮崎行き航空券+ホテル宿泊ができる10万円相当の旅行券につきましては、募集達成後にご登録の住所に郵送にて交付させていただきます。 ご予約などの手配はご出資者様ご自身でANAのホームページより行っていただきますのでご了承ください。対象者様には利用後のアンケートなどご協力をお願いします。
  • *2 KIW直営ワークプレイスでの1年間フリーパス券、ドロップイン券の有効期限は2021年4月末日までとなります。

ANAの購入型クラウドファンディングWonderFLYではKIWワークプレイスを繋ぐ、会員制用の二次交通手段としてシェアサイクル(自転車)を購入する費用を募集しています。ぜひこちらも御覧ください。

https://wonderfly.jp/cf/ideas/950

運用中

募集総額33,400,000 円

申込総額33,400,000 円

100%
プロジェクト正式名称KIW 宮崎ファンド
募集ステータス運用中
投資対象コワーキングオフィス
想定運用期間36ヶ月
分配期中分配あり
想定利回り(IRR)年率5.5%(税引前)
※ 弊社手数料控除後
想定投資倍率(MOIC)1.16x(税引前)
※ 弊社手数料控除後
一口あたり出資金額50,000円
最低出資口数3口
出資者特典

各特典ともに①もしくは②のどちらかご希望をお選びいただけます。

特典(1)
出資金額が300万円以上である場合
①宮崎行き航空券+ホテル宿泊ができる10万円相当の旅行券を交付。さらにKIW直営ワークプレイスでのドロップイン2日利用券付。
②KIW直営のワークプレイスで1年間ご利用できるフリーパス券1名様分を交付。

特典(2)
出資金額が50万円以上である場合
① 九州パンケーキ&セブングレインパスタオリジナルギフトセットを贈呈(約1万円相当)。
② KIW直営のワークプレイスで30日分ご利用できるドロップイン券を交付。

※特典につきましてはご利用条件がございますので、詳細はプロジェクト概要の「出資者特典」をご覧ください。

弊社運用手数料年率2.0%(元本に対して)
弊社成果報酬想定利回り(IRR)5.5%を超過する収益の20%分

投資案件の運用状況により、運用期間/利回り/投資倍率等は変動する可能性があります。

出資を申し込むためには会員登録及びログインが必要です。

運用中

募集総額33,400,000 円

申込総額33,400,000 円

100%
プロジェクト正式名称KIW 宮崎ファンド
募集ステータス運用中
投資対象コワーキングオフィス
想定運用期間36ヶ月
分配期中分配あり
想定利回り(IRR)年率5.5%(税引前)
※ 弊社手数料控除後
想定投資倍率(MOIC)1.16x(税引前)
※ 弊社手数料控除後
一口あたり出資金額50,000円
最低出資口数3口
出資者特典

各特典ともに①もしくは②のどちらかご希望をお選びいただけます。

特典(1)
出資金額が300万円以上である場合
①宮崎行き航空券+ホテル宿泊ができる10万円相当の旅行券を交付。さらにKIW直営ワークプレイスでのドロップイン2日利用券付。
②KIW直営のワークプレイスで1年間ご利用できるフリーパス券1名様分を交付。

特典(2)
出資金額が50万円以上である場合
① 九州パンケーキ&セブングレインパスタオリジナルギフトセットを贈呈(約1万円相当)。
② KIW直営のワークプレイスで30日分ご利用できるドロップイン券を交付。

※特典につきましてはご利用条件がございますので、詳細はプロジェクト概要の「出資者特典」をご覧ください。

弊社運用手数料年率2.0%(元本に対して)
弊社成果報酬想定利回り(IRR)5.5%を超過する収益の20%分

投資案件の運用状況により、運用期間/利回り/投資倍率等は変動する可能性があります。

出資を申し込むためには会員登録及びログインが必要です。

PAGE TOP

株式会社クラウドリアルティ
〒100-0004 東京都千代田区大手町一丁目6番1号大手町ビル2階 FINOLAB
第二種金融商品取引業: 関東財務局長(金商)第2963号
当社が加入する金融商品取引業協会: 一般社団法人第二種金融商品取引業協会
当社の金融商品取引業務にかかる苦情処理措置及び紛争解決措置にかかる機関:
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター
〒103-0025 東京都中央区日本橋茅場町2-1-1 第二証券会館
TEL 0120-64-5005(フリーダイヤル 月~金/9:00~17:00 祝日等を除く)
Copyright ©2016-2020 Crowd Realty, Inc. All Rights Reserved.